滞納による収入減をなくす

マンション

家賃保証サービスというのは、家賃の滞納による収入減をなくすことがメインの利用目的になると言えるでしょう。このサービスは、保証料を支払うことで入居者の連帯保証をするというものなので、家賃の滞納が発生すると家賃保証会社がその支払いを肩代わりしてくれます。そのため家賃の滞納が発生しても、大家さんの側は、その回収に手間取ったり回収できなかったりするという事態が避けられるのです。そもそも部屋を貸す際は、しっかりと家賃が支払える人かどうかを入居者審査によって厳しく審査しますが、それでもさまざまな事情により滞納してしまう入居者は少なくありません。ですのでそうした事態に備えて、入居者にサービスの利用を義務付けているケースが多く見られるのです。

回収の手間を軽減したい

男女

家賃保証サービスは、滞納家賃の催促や回収の手間をかけたくないという場合にも利用されていると言えます。通常であれば、家賃の滞納が発生したら大家さんが自分で催促や回収をする必要が出てきますが、このサービスを利用すれば保証会社が回収までしてくれるので手間がかからないのです。他にも、このサービスを利用すると保証人が立てられない人にも入居してもらえるため、より多くの人に入居してもらうために活用するというケースもあると言えるでしょう。

入居者の負担も考慮する

マンション

家賃保証は、保証料を支払うことでサービスを受けることができますが、その料金を負担するのは入居者になります。保証料は家賃の3割~1カ月分程度が相場であり、1年後などの更新時には更新料(保証料よりも安い)を支払う必要があるのです。そのため、連帯保証人が立てられる入居者にサービスを義務付ける場合は、その費用負担が納得できないという人が出てくることもあるので初めてサービスを利用する場合は注意が必要でしょう。またそうした場合は、敷金や礼金を減らすなどして、入居者の負担を軽減する工夫をするとよいと言えます。

弁済方法の違いを知る

マンション

家賃保証サービスは、保証会社が家賃の肩代わりをしてくれるサービスですが、保証会社の弁済方法には代位弁済と収納代行という2つの種類があるため、初めて利用する際はこの違いをよく知っておきましょう。まず「代位弁済」は、家賃の入金確認を大家さんがおこない、滞納があれば保証会社に報告するという手続きが必要になるというものであり、その後に大家さんに対して入金がなされる仕組みになっています。一方の「収納代行」は、滞納の有無に関わらず保証会社から大家さんへ入金がおこなわれるというものであり、大家さんは入金確認や報告の手間がかかりません。ですので、収納代行のほうが大家さんとしては楽なのですが、代位弁済を利用する場合は自分で滞納の確認などが必要になるという点に注意しておきましょう。

広告募集中