HOME>ホットトピックス>不動産投資で注意すべきことは何か考えましょう

目次

不動産投資の概略

マンション

不動産投資とは所有している、又は、借入金などで取得した土地やアパートなどを賃貸することによって利益を得ることです。一般的に不動産投資と言うと、借入金による土地や建物の取得とそれに対する収益の合計が、市中の金融機関などに預金した金利以上になることを目的としています。土地活用のみであれば、その土地を賃貸することによる収益を指します。賃借した側が、その上に建物を建てる、駐車場にするなどに活用しますが、その場所や活用方法によって賃貸料が異なりますし、アパート経営であれば土地と建物の両者を賃貸する方法を採用しますが入居者の条件やアパート付近の環境により入居率が決まりますから、事前の十分な調査が必要です。

収益を試算する注意点

男女

まず物件があるかどうかの調査が必要です。その土地活用の需要があるか、アパートの入居の需要があるかを検討します。物件が決まったら、その価格が適正かどうかを検討します。そのうえで金融機関からの借入を検討しなければなりません。どれだけの収入と経費があるか、それで借入を返済できるかが最終的な検討事項です。

税金には充分な注意が必要

マンション模型

土地活用やアパート経営をするときは、収入に関して活用方法があるか、アパート経営では空き室率のリスクを計算しているかが問題です。利益は収入から経費を差し引いた金額ですが、注意が必要なのは税金です。利益に対する所得税や住民税だけではありません。場合によっては消費税が課税されてくる場合がありますから、専門家に相談して試算してみる必要があります。

広告募集中